天守閣美濃vs藤井システム~96年の谷川新手がヤバい~

今週から山形新聞でM田さん戦のあべしん自戦記が掲載されています。

これは、5/12に行われた県選手権予選1回戦の将棋でこちらの記事でもチラっと紹介しました。
上の記事ではM田さんの研究を晒す事になるので序盤については触れていませんでした。しかし現在は、大会スポンサーから正式に自戦記の依頼があり新聞にも掲載されたのでもう隠す必要は無いと判断したのでブログに補足解説を載せていきます。

先手がM田さんで後手が私。
2018-08-14a.png 
M田さん得意の天守閣美濃に三間飛車で藤井システムを作ってみました。
以下、24歩、同歩、55歩!を本線で読んでいたのですが本譜の展開は驚きました。
ふつ~に同角です!
2018-08-14b.png 
はぁぁぁ!?( ゚Д゚)
正直、これで居飛車が良くなるのであれば三間飛車だろうが四間飛車だろうが関係ないですよね。戦法の根幹を揺るがす大事件です。
以下、22飛、33角成!、28飛成、11馬。
2018-08-14c.png 
ここまでほぼノータイムでM田さんは進めてきています。
さて、ここでの振り飛車の次の1手は岐路。
 1、良いと思っていれば37竜で体力勝ち。
 2、難しいと思っていれば玉頭にあやを求め19竜。
 3、63銀引もなくはないが流れがおかしい。

私は、長年の経験から振り飛車が良くならなければおかしいはずだと判断して37竜を選択。過去もこれでずっと勝ってきた記憶があります。
2018-08-14e.png 
以下、ノータイムで75歩!
2018-08-14f.png 
ひょええええとは思いましたが嬉しいひょええ^^
正直まだ楽観していました。
74歩と取ってもらえば△75桂が打てるしなんとかなるでしょうと。勝負所なので時間をかけて読んでいく。
すると意外と大変な事に気づく。

おかしい。。。
何か変だ…
あれーー??


・・・。


ひょええええええええ\(^o^)/
振り飛車まずいとようやく自覚。

M田さんといえばソフト研究に定評のあるプレ~ヤ~の一人。
時間の使い方をみるとすでにこの局面が居飛車良しという事を知っていたんだろうなぁ。参りましたね。

戻って37竜と桂馬を取ったところは19竜だったか。
2018-08-14d.png 
ソフトはこれで居飛車寄りの互角の数値を示すらしいです、ぱるる奨励会員から教えて貰いました。
私の第一感は「19竜ではつらい、攻めが細い気がする」ですねぇ。


ちなみに捌きあったこの局面は…
2018-08-14c.png
県強豪にみせると大体振り飛車良し、不満無しって言うんですよね。それが実際は…\(^o^)/

しかし、よく考えるとこの局面自体が穴熊対策の藤井システムが出る前の左美濃藤井システムの話だから1997年以前の情報。私の頭の中の定跡データベースがそこでストップしていたのが問題かもしれませんね。現代の目でもう一度検討する必要を感じました。

そして驚愕の事実、自戦記には書いたのですが1996年の王位戦で谷川先生がこの仕掛けをすでに指しています


当然、M田さんはそれを知っていました\(^o^)/ いや~~しびれましたね。研究量も勉強量も私の負けです、完敗です。勝てる要素が無いって事が分かりました。

というわけで、ここまでで序盤の検討は終了!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これより下は終盤の詰む詰まないの検討です。
あまりにも難解で紙面に書ききれないのでブログに答えを書かせていただきます。

それでは、まずは下図をご覧ください。
問題図までご案内いたします。
2018-08-14g.png 
45手目で75歩と仕掛けられた後に色々あってこうなりました。
▲76銀は強い手で後手の桂香を回収する狙いです。
以下、24角、57香、72王で下図。
2018-08-14h.png 
24角は57香と打たせておいてタイミングをみて33角とぶつけようという意味でしたが参りました。以下、87銀引、同桂成、同銀、33角、同馬、同桂、76桂。
2018-08-14i.png 
厳しいですね。
次に64桂王手、72王の瞬間はゼットなのでその瞬間にスパークすればワンチャンあるか~と思ったんですがたいした手が無かったという。
以下、88銀、同王、69竜、64桂、63王、81角、72歩、同桂成!
2018-08-14j.png 
そうか~同桂成が詰めろなのか!
強すぎる~~
終盤もソフトなみに正確なのかと思いこっから数手でギブアップ。

しかし、局後にM田さんから「これ同金でどうやって詰ますんですか?」と言われ「いや簡単でしょう~」とよく見たら「アレ!?」。
2018-08-14k.png 
これが本日の問題図です。
詰みを読み切れますか?

いやぁ…私とM田さんは1週間後にソフトから答えを教えてもらったのにもかかわらず解けませんでした 笑

とりあえずまぁ、誰がやっても72角成、同王まではいく。
2018-08-14l.png 
ここでどう指すか手が広い。
1、61銀
2、81銀 
の2択を実戦なら選びますよね。

はい、結論から言うとどっちも詰むんですが、難易度に差があります。
正解手順を申し上げます!!
  ↓

  ↓

  ↓

まずは61銀の変化から。
2018-08-14m.png 
82王は81飛で詰み。
83王は72銀打、74王、75歩で詰み。
厄介なのは63王でこれには52銀不成と王手。
2018-08-14n.png 
以下、74王には、75香、、同王、76飛で詰み。
2018-08-14o.png 

なので、下図以下は…
 2018-08-14n.png
同王と素直に取りますが…12飛と王手して42桂。
2018-08-14p.png 
ここまでくると松尾芭蕉ですね!
つまり以下、62金、同王、42飛成、52銀に61桂成が…
2018-08-14r_201808142159255a5.png
「敵陣に桂馬飛び込む水の音」ってやつですね。
どうですか?を感じる自戦記でしょう^^

1 「あべしんは俳聖じゃなくて敗勢ケロね!🐸」
2 「そう、ケロね🐸」
3 「ケロケロケロwww~♪🐸」


ベチ!!


 ♰♰♰


はい、すいません、お待たせしました。
戻って下図以下、結果論ですが…
2018-08-14l.png
81銀より61銀からの詰みの方が簡単です…。

不幸にも81銀を本線で考えた人は頭ぐっちゃぐちゃだと思います。それでは見ていきます。
2018-08-14s.png 
上図以下、83王は72銀打、74王、75歩があります。
2018-08-14t.png 
これは同玉なら76飛、73王なら74金以下3手詰、ベリーイージーですね。
難しいのは、81銀に63王です。
2018-08-14u.png 
どうですか?
流れ的に72銀打を読みたいのですがどうにも64王で詰まない。
2018-08-14a_201808142208210a8.png 
どうやっても詰まないんですよね~。

正解は分かりましたか??
2018-08-14u.png
盆休みが終わっちゃいますよ!?


正解は…

ぼ~~ん…
2018-08-14v.png 
っと64香が正着。
以下、74王なら75歩でいつもの筋。
従って、64香は同王と取るのですが75銀、同王、76銀がすごい手。
2018-08-14w.png 
どこかであると思った方、このタイミングか~って感じですよね。同玉は77飛、76銀に64王と逃げても75金以下3手詰み、従ってここは74王ですがそこで75歩!
2018-08-14x.png 
以下、83王、74金、82王。
2018-08-14y.png 
詰まないじゃないか!( ゚Д゚)と発狂したくなりますがなんと~~
72飛、93王、84金!、同王、82飛成、83歩、85歩!まで。
111111.png 
ひいいいいいいい( ゚Д゚)
これ、30秒の秒読みで読み切るのは大変だと思う。

M田さんの言う通り「詰ませてみろ!」と開き直るべきでした。

はぁぁ、俺っていい人すぎるんだよねぇいい人すぎるってよく言われるんすよぉぉぉぉ(^<^)。
(大学将棋部にこういう人がいた、取り扱い注意)

関連記事

コメント

非公開コメント

abcn

・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

プロフィール

abcn

Author:abcn
・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

全記事表示リンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カウンター

スポンサーリンク

検索フォーム

リンク先

・将棋アンテナ棒銀くん http://shogis.com/r3.php