H28県名人戦 山寺5段vs今泉4段


5/20から山形新聞で掲載された観戦記の感想を書くよ。
※観戦記全部は、著作権にひっかかるので載せません。山新を取りましょう。

本局は、先手山寺5段の中飛車左穴熊vs後手の今泉4段の石田流三間穴熊という戦型。
山寺さんは、ノーマル四間飛車(美濃・穴熊・立石)で数多く優勝を重ねてきた強豪。
 しかし近年の居飛車穴熊の台頭で調子を落としていたが、3年くらい前から現代流の初手78飛車(後手32飛車)を突如として使い県トップに返り咲く。そして翌年、それらの戦法が研究されてきたと見るや否や、中飛車党になり優勝、優勝、優勝。
 特に、初手78飛車で優勝→ちょっと指して勝ちづらくなってきたと感じる→すぐ中飛車へ転向というプランに山形の居飛車党は相当戸惑ったはず。
おそらく中飛車も初手78飛車で優勝している時くらいに研究・実戦など登板準備をしていたと思われる。

 山寺さんが勝てるのは、将棋が強いのはもちろん、そうしたプロデュース能力の高さだと思います。

 さてさて、この対局ですが私も生業としている記録係で会場にいたので見ていました。そして、色々面白いと感じた点がありブログで暴露したかったのですがさすがに山新に観戦記が載るまでは待とう思いウズウズしていました。それでは当時のメモを見ながら書いていきます。
 
 初手56歩戦法の嫌らしい点は、後手の個性を封じる事が出来る事
本譜もそうですが後手は石田流にして美濃か穴熊かという選択肢しかほぼ無いというね。
イマイズミ流でお馴染みの今泉4段も強い人の注文を受けなくてはならず「なんだかな~」という気分だったと思う。

hh.jpg
 そして、ようやくここで個性を発揮する局面へ、すなわち後手はどんな穴熊にするのか…。

 観戦記でやましゅーさんは、こういう石油化学コンビナートを推奨していた。
2016-05-26a.png
自然な手順で組めますからね~。

ただ、コンビナートする前に前方後円墳を経由しなければならず縁起が悪い。
2016-05-26b.png
邪馬台国の卑弥呼ファンならお勧めですが。

そこで、今泉4段は謎の工夫を見せる。
FullSiz3veRender.jpg
なんと91の他に71にも居住スペースがある穴熊を構築~~!!
 夫婦別室が円満の秘訣だというのか?

さて、まじめな話なぜ今泉4段がこの穴熊を選んだか、意味わかりますか?

ヒントはやましゅーさんの観戦記に隠されています。
まず気づいていただきたいポイントはこの赤で囲んだ部分。

IMG_9083.png
※陰陽道の文様を描いてみたよ~^^

要するに「左アナグマの利点は自分だけ5筋伸ばしているから相穴戦ではいつでも5筋を切って歩を垂らせること」。
これに尽きます。
          ↓
だから、今泉氏は、それを嫌い62・61と金を並べる事で5筋に歩を垂らされないようにしたと推測できますね。
           ↓
四間穴熊の型にも5筋を強化するために62・61金を配置する広瀬式があり当然四間穴熊党の今泉氏はそれを知っている。
o0283026313415453046.png           ↓
今泉氏は自分の得意な四間穴熊の型の特性を理解して左穴熊対策にも応用してきたというわけです。
            ↓
自分も振り飛車のエキスパートだぞ!という気概が感じられて面白いですね^^

 さて、第3譜97手目、36歩に同歩は超地味な手だけど急所。(局面省略)
似たような局面、2年前の赤旗県大会で私が先手、山寺さん後手を持って36歩を放置して桂馬と香車を拾いにいったら37にできたと金が間に合って負けるという悲劇がありました(笑)。

そして第3譜最終図。
FullSizffRender.jpg
 どう指すんだろ、歩が無いので意外と難しいのでは?と思っていたらこっから山寺さんの穴熊脳が炸裂してびっくりしました。衝撃でした。

2016-05-26c.png
 まず37香車!
 こんなとこに相穴戦で貴重な香車を打ったら働かないし角は切られるしで最悪だと思うんですけどこれが好手だったようです。
 やましゅーさんの解説にもあるように、36歩には以下同香、同竜、52歩で竜を辺境にやられてと金攻めを浴びる。

 従って、角を切って45桂馬としたのですが35角がいなくなったことで・・・
2016-05-26d.png
 ど急所の53に角が打てる!!なるほど~~~!
 
さらにぶったまげたのはこの局面。どう寄せるかわかりますか?
2016-05-26e.png
71角成は同銀でよくわからない…。地味に61銀かなと思いきや…
2016-05-26f.png
 いきなり71竜!!まじかw
同銀なら61銀でさらに絡むって事ですかね?

今泉氏、同金だったのでこれは喜んで全部ぶったぎって張り付いてこんな感じで寄りました。
FullSizefffender.jpg

これだから山寺さんと相穴熊するの嫌なんですよね~
 とりあえず、『広瀬流穴熊終盤の極意』もいいけど…
 無題
『山寺流穴熊終盤の極意』が読めるのは山形新聞だけ!

 みなさん山形新聞を取りましょう^^
関連記事

コメント

非公開コメント

abcn

・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

プロフィール

abcn

Author:abcn
・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

全記事表示リンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カウンター

スポンサーリンク

検索フォーム

リンク先

・将棋アンテナ棒銀くん http://shogis.com/r3.php