相振り封じの秘伝

相振りの必勝法は…相手に飛車を振らせない事だと思うんだ^^

!?

今日は、昔からある相振り封じについて書いていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【相振り封じの端角】

・H29.7.28リコー女流王座戦 本戦
先手 室谷女流vs後手 カロリーナ女流の一戦から。
2017-07-31a.png 
後手44歩。この手を見て先手三間飛車vs後手向かい飛車になると思った。
↓この形ね。
asd.png 
一般的に、先手向かい飛車vs後手三間飛車は後手三間がやや指しやすいとされているので、先手三間ならなおさら指しやすいはず。
 
 ※おすすめの参考書はこちら。
 ↑いわゆる「戸部本」、女流棋士に愛読者が多いらしい^^
 
なので後手向かい飛車を目指す44歩は大胆な手だなと思った、もちろん用意の対策がカロリーナ女流にはあったのだと思うけどね。
 
さてさて、室谷女流は普通に駒組みを進めるのかなと思ったら・・・
7手目96歩が趣向
2017-07-31b.png
とある狙いを秘めています。
以下、43銀、74歩、同歩、97角!!
2017-07-31c.png
これが、いわゆる相振り封じの端角。
53角成を受けるには、パッと見・・・

1、62銀
2017-07-31d.png
こう上がってしまうと62銀が邪魔して後手は飛車を振れなくなる、つまり相振り飛車が出来なくなるわけです。
ただまぁ、後手が居飛車も指せる人であれば形を決めすぎな97角を咎めればよろし。
室谷女流はカロリーナ女流が居飛車はやらないだろうと確信して97角と指したので62銀の心配はしていなかったのだと思います。

2、52飛
2017-07-31e.png
いちおこれで三間飛車vs中飛車の相振りではある。
ただし、中盤で52の飛車を32か22に移動しないと後手は攻撃陣形が作れないので1手損のリスクがある。
やる気がしなーい!

では、まともな相振り飛車が出来ないのかというとそうではない。
こんな手があります。

3、45歩←本筋!
2017-07-31f.png
これが好手。
もしここで▲53角成なら△42金が大事な手。
adf.png 
馬が逃げれば99角成で香車がとれる。

 △42金に代えて△52銀でも同じように見えるがそれには・・・
fggh.png 
54馬と引かれて21桂馬取りを見せて先手良しになってしまうので注意。

はい、本譜に戻ります。
2017-07-31f.png
△45歩は次に99角成を狙っているので以下88銀と受けます。
そこで44角と攻防の位置に据えながら53の地点を守るのが急所!
dfgh.png 
  以下、74飛と進む。↓
2017-07-31g.png
▲74飛は次に▲44飛と切り飛ばして43に角を打つ手を狙っています。
角取りは受けないといけません。

それには△54銀or△54歩が考えられますが・・・

本譜は54歩でした!!(54銀は最後に解説)
2017-07-31h.png
54歩は97角の筋が後手陣に直射するのでやや損なのかなと思っていました。
具体的にこの後に△22飛と回っても△41金が動けないので後手は駒組みに苦労します。

カロリーナ女流の構想はいかに?
      ↓
 さ、35歩??
2017-07-31i.png
自ら△44角のラインを止めてしまった。
将来の1筋攻めの味を消していてあひゃだな~と思い見てました。
しかし、次の後手の1手で景色が変わりましたね~~(''Д'')
以下、77銀、△32飛!!
2017-07-31k.png
これは考えた事が無かった、指されてみればなるほどです!!

先手は遅かれ早かれ77銀を66銀と攻めに使わないといけない将棋です。
つまり先手の飛車の横効きが66銀で消える瞬間を待っていたのでした。
2017-07-31l.png
以下、すかさず36歩、同歩、同飛で下図。
2017-07-31m.png
3筋の歩を手持ちにして44角のラインを1筋へ直通させる事に成功!
これがデカい、この1歩は将来の1筋攻めに使う事が出来ます。
進んで下図。
2017-07-31n.png
先手の攻撃陣は団子状態、具体的には87歩・67歩が前に進んでいないので腰の入った攻めが繰り出せません。対して後手は、4・3・2・1筋の全ての歩が伸びており攻めの迫力は抜群です。
後手作戦勝ちですね~。
さらに進んで下図。
2017-07-31o.png
教科書に書いているような端攻めが決まりました!
※結果は室谷女流が終盤で逆転勝ちでしたが…。

カロリーナ女流の構想はきっと用意してあった作戦だったんでしょうねぇ。
この構想があるなら相振り封じの端角は、やはりきつそうですね。

◎△54銀の変化

▲74飛に本譜54歩に代えて54銀で44角をガードした局面。
2017-08-01a.png
銀を前に繰り出して本筋っぽいですがちょっと嫌な変化があります。

以下、53角成スパコーン!!
2017-08-01b.png
同角、54飛、52歩で下図。
2017-08-01c.png
少し後手が良さそうですが歩切れなので大変な将棋だと思います。
ソフト先生は後手+150点くらいで互角という評価ですね。
この後先手は、飛車切って55角や43角など攻める展開、受けに自信が無い人はカロリーナ流△54歩+△32飛の構想を目指す事をお勧めします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【相振り封じの浮き飛車】

相振り封じの角より優秀なのがこれ。
すぐに飛車を上がります。
2017-08-01d.png
以下、43銀。
sdr.png 
ここで若い世代は知らないであろう相振り封じの手筋があります。
 ↓
どん!!
fgg3.png 
86飛(笑)。これで82飛が動けなくなって相振りに出来なくなります。
いや、後手の方が居飛車を出来るのであれば全く問題無いんですが振り飛車しか指せないとこういう狙い撃ちをされたりします。
 ちなみにこの86飛は、全国制覇を何度もしている強豪の方が使っているのを見たことがあります。
それだけ得意戦法を封じるのは時間の短いアマ大会では有効という事なんでしょうね。

ちなみに△43銀のところで△33角と工夫する手はあります。
2017-08-01f.png 
同じように、86飛としましょう。
2017-08-01g.png 
これには42銀型を活かして・・・
54歩、68銀、53銀、77銀、64銀と突進します。
drgh.png 
以下、66銀、84歩で下図。
fgl.png 
ううううん、突進したけど形勢はどうなんでしょうか?笑
後手としてはこうなるんだったら普通に居飛車やった方が良いという説もある。

そもそも仮に上図が先手不満なら避ける事も出来る。
それが下図。
aq2.png 
48王と指して43銀を待ってから86飛とすればいいだけの話である。あひゃ。

◎戻ります。
2017-08-01g.png 
上図からどうやって相振りにするべきか。

1、84歩から銀冠を目指す
2、64歩+63金or銀で7筋を奪回するプラン。

う~む、私にはどうしたら良いか分かりませぬ。
誰かタダで教えてけれ( ^ω^ )

もしかしたら正解は1・2どちらでもなく

居飛車で咎めるしかないって感じなのかもしれないなぁ。

相振り封じられちゃったけど(笑)

ちなみにこれですね、厄介な事に3間が後手でも使えます
↓こんな感じ。
q123.png 
3手目66歩が得意で相振りは向かい飛車しか指せない有段者って結構いるよね。
ま~俺の事なんですけどね(笑)

そういう人に一発これやってみたら楽しい事になるかもよ

関連記事

コメント

非公開コメント

abcn

・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

プロフィール

abcn

Author:abcn
・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

全記事表示リンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カウンター

スポンサーリンク

検索フォーム

リンク先

・将棋アンテナ棒銀くん http://shogis.com/r3.php