馬作らせ+歩損でも角交換振り飛車が成立していた【R2.11.15山形県アマ名人戦その3】


□2回戦vsM子前年度県名人
先手が私、初手78飛をやったら…
2020-11-23a.png
M子さんの誘導で、
2020-11-23b.png
角交換振り飛車をすることになりました。
2020-11-21a_2020112122555434e.png
久々の角交換振り飛車で不安はありましたが手損していないので攻めの陣形をスムーズに作れるのでウキウキもしていました。上図、浮き浮きからのふわふわした雲の上に銀を立つ。
2020-11-21b_20201121225555055.png
M子さんがえっ(゚Д゚;)という顔をした。
その瞬間、サーッと血の気が引いた。
少考後、△45角が指される。
2020-11-21c_20201121225557a32.png
待ち伏せされていた・・・
B29にはるか上空から待ち伏せされていたのだ。
銀取りと△27角成の両方を同時に受けることができない。
以下▲56銀、27角成の瞬間に何か返し技を先手が用意していないといけないのだがウッカリなので用意などあるはずがない\(^o^)/
2020-11-22a_202011220816586f6.png
以下▲22角、13香。
2020-11-22b_20201122081659282.png
これが△14歩と突いた意味で香車をとることができないので後手は馬と歩得で優勢であろう…。

やっちまったなぁぁ( ;∀;)と席を立ち持ち時間30分のうち10分を投入する。
5分はうっかり軽率な手を指してしまったことに対する反省、残り5分はこのあとどうまとめるのか。

小学生のときに高学年のやんちゃ坊主らと雪合戦⛄をしたことがある。
こちらの兵力は3名、向こうは6名くらい。
それでも高い場所に陣取った我ら5年1組は勝利した。
戦争はド急所の位置を抑えれば戦力が足りなくても勝てることがあると学んだ。

これは将棋にも応用できる考え方、上図以下▲55角成!
盤上全体を見渡せる天王山⛰へ馬を据える。
2020-11-21d_202011212255588ea.png
この局面の私の評価は、歩損ではあるがそこそこやれるのではないかという自信に変わりつつあった。以下、M子県名人も天王山を急所とみて馬を馬で消しにかかる、やはり勝負はここなのか。

数手進んで下図。
2020-11-21e_20201121225600e94.png
康光流「天衣無縫の構え」を敷きM子県名人の攻めを待つ。
モバイル中継で佐藤会長がこの形をよく指していてそのたびに「これは力がないと指しこなせない、わしには無理」と思っていたがまさか自分がやる羽目になるとは…。以下、お互いバランスを取りつつ進めて下図。
2020-11-21f_20201121225601936.png
先手はこのあとどうするべきか。歩損はさほど気にならない局面なのだが実際にどう動くかといわれると難しい。というわけで以下▲68王、42金右、48金、74歩、66銀右と待機。
2020-11-21g_202011212256030f1.png
ついにM子さんが仕掛けてくる。
以下△35歩、同歩、36歩、34歩。
2020-11-22a_20201122085612508.png
う~~ん、この攻め合いは私の方が勝っているような気がしたのだが相居飛車の感覚が0なので速度計算もそうだがこちらからの攻め筋や相手の狙い筋が全くみえないんですよね~~。通常であれば「地力+経験」レーダーを張れるのだがこの局面は地力一本のアナログレーダーのみなのでしんどい。以下△37歩成、33歩成、同金右、37金、55歩。
2020-11-21h_20201121225604fae.png
後手としては△54銀を捌けば自然とよくなるということだろう。こちらとしても1筋と3筋から攻めたいのだが攻め駒が足りないので決まらなそう。敵陣に打ち込んでいけるカナ駒が欲しいので上図以下▲同歩、同銀直、同銀、同銀、56歩と対応する。
2020-11-21j_20201121225607a63.png
以下もし△66銀なら同銀、48角に55角が用意の切り返し。
2020-11-21k_20201121225546b16.png
飛車取りで66銀を受ける事ができるので先手良し。

というわけで再掲下図。
2020-11-21j_20201121225607a63.png
△44銀と引かせることに成功。
2020-11-21i_202011212256067f3.png
後手からは△75歩や△66桂など攻め筋がありすぎてもう先手陣の受けはきかない。攻めるしかない。以下、▲15歩、同歩、34歩、同金、26桂。
2020-11-21l_202011212255487d6.png
1筋をいじったのは後手王の逃げ道ができただけなので余計だったなぁ。
上図以下、△25銀、34桂、同銀。
2020-11-21m_20201121225549f51.png
ここ( ゚Д゚)!
ここで攻めをつなぐ手がないといけない( ゚Д゚)!!

何かないのか!?
雰囲気はあるぞ、何かあるはずなんだが・・・

20

10…

ピッ

ピッ

ピ…

ピィ―――


パチ
2020-11-22b_20201122091722367.png
( ;∀;)ダメだこりゃ~~~。
がっくりきました。

再掲下図。
2020-11-21m_20201121225549f51.png
ここでは▲35歩が盤上この一手でした。
2020-11-21n_20201121225551fb1.png
・△同銀右は55角の王手飛車
・△同銀直は45歩、33銀、71角の両取り。
2020-11-21o_20201121225552a55.png
・△23銀にも▲45歩、33銀、34銀がある。
2020-11-21p_20201121225626acb.png
いや~~これなら優勢だったなぁぁぁ。
▲35歩が見えなかったのは痛い、なぜ見えなかったのかな~筋中の筋なのに。

本譜は再掲下図以下、
2020-11-22b_20201122091722367.png
△75歩、66角と進行。
2020-11-21q_20201121225627809.png
急所のラインに角を据えるがすぐに△54桂で筋を外され▲75角、74歩、97角、86歩、同角と角を磔りつけにされてしまう。
2020-11-22a_2020112209254223e.png
以下△66桂打、▲88金、次に指された手はまさに名人の手でした。
△36歩!
2020-11-21r_20201121225629fe6.png
対岸にぼやっと垂らされた歩ですが攻めの手でもあり受けの手でもある。
ここに歩兵隊から上陸されては先手陣は持たない。
ここらへんの戦い方は若手にないベテランの味だなぁと感じました。以下、▲14歩、同香、▲55歩。
2020-11-21s_202011212256305e3.png
もう仕方ないなと。余計に攻めを呼び込む手ですが△同銀の瞬間に▲53角成や▲33歩で攻め合おうと思っていました。以下△37歩成、同金、86飛、同歩、87歩、同金、56歩。
2020-11-21t_20201121225632216.png
あれ~~~これは居飛車の攻めが薄いのではないか!?
急に局面が動いて頭がついてこない。
以下▲48金、△57角、同金、同歩成、同王、55銀。
2020-11-21u_202011212256330db.png
銀が動いたので▲33歩と打てるようになった。
上図以下、▲68王、56金。
2020-11-22c.png
いや~~間違えましたね。
このタイミングで▲33歩と指せば△56金が質駒になっている分だけさらに手厚いのかなと思っていたのですが、よくよく読んでみると上図以下▲33歩、67金、同王、78角、57王、56角成、48王、33王と戻された局面が先手負け。
2020-11-22d.png
手順に馬を作られ玉頭を手厚くされてしまったのが痛い。

というわけで△56金と打たれた局面はもう負けなんでしょうね。
2020-11-22c.png
以下、▲同銀、同銀。
2020-11-21w_20201121225636efc.png
これで詰めろがほどけなくなり…
fc2blog_202011151903499e7.jpg
あべしん投了となりました。
うぅぅぅぅぅん、何かあったな~~。
序盤・中盤・終盤でことごとくチャンスを逃しているなぁという印象です。

再掲下図。
2020-11-21u_202011212256330db.png
局後にS木M明さんからこのタイミングで▲33歩と打てば勝ちと指摘される。
2020-11-21v_20201121225635c1d.png
まぁ、△同金は▲52飛から▲54飛成で勝ちなのだが△同王が分からない。
2020-11-22b_202011221025131f0.png
▲35歩では自信が無いんですよね。
2020-11-22b_20201122095925755.png
以下、△同銀、34歩、23王のときにどうしたらよいものか。

再掲下図。
Y寺さんから正解を教えてもらいました。
2020-11-22b_202011221025131f0.png
ここで一発▲51角と王手をして合駒をさせるのが良いようです。
2020-11-21x.png
・以下△42金打なら▲21銀
・以下△42角なら同角成、同金、▲31銀
で詰めろを続けるのが急所。▲35歩からいじるのではなく下から寄せていくという発想が大事でした。いや~~、仮に▲51角が見えても間違えそうですが…。王様が対面でぶつかる居飛車の将棋はしんどいです。

□実は互角らしい
序盤でうっかり打たれた角でしたが…
2020-11-21c_20201121225557a32.png
以下▲56歩、27角成、22角、13香、55角成。
2020-11-21d_202011212255588ea.png
ソフト先生はなんと先手+100という評価でした。

たしかに感想戦でM子さんも「実はどうやって良くしていくのか分からなかった、1歩得以上に△13香が負担になってさえいる」と述べていた。記録係のyamasyuさんは馬作らせ振り飛車の名人なのだが「振り飛車の方が狙いが明快で勝ちやすい」と言っていた。角交換振り飛車党にとっては常識なのかもなぁ。

□2回戦その他
Y田くんがケ〇ドー君に勝って2連勝。

そしてO空くんがH田君に勝ってしまい2連勝、すごい~。
私がいくら頑張っても勝てないH田君に勝ってしまうとは。

というわけで2回戦でビッグ3のうちY寺さん・H田くんが姿を消すという波乱の展開に。なかなか盛り上がって参りましたね!

□3回戦
Y田くんvsM子前年度名人 ←勝った方が決勝
O空くんvsほまみー    ←勝った方が決勝

私の相手はケ〇ドー君です。


関連記事

コメント

非公開コメント

abcn

・アマ五段(県竜王戦優勝)
・中学、高校、大学、社会人で全国大会出場
・四間飛車歴およそ25年
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

全記事表示リンク