【対策】エルモ囲いvs三間飛車の研究【ダイヤモンド美濃が有力💎】


あれから半年、実戦を通じて色々と分かってきたことがあったのでまとめておく。

下図は先手エルモvs後手三間の基本図。
2019-12-11a.png
後手の方針は2つ。

1、△54歩型
2、△43銀型

それぞれ見ていく。

1、△54歩型
2019-12-11b.png
△54歩と突いた局面は後手の構えに隙が無いのでいったん▲16歩と突き形を決めさせる。
2019-12-11f_20191211212833a95.png
以下、
・△14歩
・△64歩
・△53銀
を検討していく。

◎△14歩の変化
2019-12-11g_201912112147176ce.png
△14歩は形を決めない方針。▲46銀の斜め棒銀には△43銀で問題無し。▲45歩早仕掛けには△42銀型で迎え撃つ構想。上図以下、▲46歩、△64歩、48金、63金、37桂、22飛で下図。
2019-12-11h_20191211214718079.png
△42銀型だから振り飛車潰れないと思いきや…以下▲45歩、同歩、33角成、同桂、88角、21飛。
2019-12-11i_2019121121472051a.png
以下、▲15歩!、同歩、24歩、同歩、15香、同香、43歩。
2019-12-11j_2019121121471630c.png
あっという間に後手敗勢。

似たような形が『疾風』239Pに書いてあるが…
fc2blog_2019121121583947f.jpg
端歩の交換が入っていないのでこの仕掛けが無い事に注目してほしい。

◎△64歩の変化
再掲下図以下‥・
2019-12-11f_20191211212833a95.png
端歩を受けずに△64歩と駒組みを急ぐ手段は考えられる。
以下、▲15歩とさらに手を待たれるとどうしたものか。
2019-12-11d_20191211212112bc8.png
△63金ならそこで46銀が受けづらい。
2019-12-11e_20191211212114db2.png
△52の金が△63へ移動すると横からの攻めに弱くなるので先手の攻めを受けきれる気がしない。これは後手失敗。

再掲下図。
2019-12-11d_20191211212112bc8.png
ここで△43銀、46歩、22飛は有力。
2019-12-11a_20191211221333a19.png
消極的ではあるが後手らしい待ち方だと思う。上図以下、▲45歩の変化は三間飛車美濃囲いvs△54歩型エルモ囲い急戦【4大エルモ本の定跡を総整理】に軽く書いたので参照してほしい。
 
◎△53銀の変化
当初は振り飛車から積極的に動ける救世主的な対策と見られていたが研究されると難しいですね。
2019-12-11d.png
振り飛車が△53銀の中央志向で来た場合は居飛車も▲58金と中央へ駒を運ぶのが良いという発想。
2019-12-11e.png
具体的に説明します。
以下△64銀は常套手段。
2019-12-11b_20191211222901c5f.png
以下、▲66銀なら振り飛車やれそうというのがこの形初期の頃の考え方。しかし、上図以下▲66歩という指し方が最近は多く感じる。
2019-12-11f.png
歩越し銀には歩で対抗、厚み重視の△64銀型に▲66歩→▲67金(銀)をみせて金銀のスクラムで逆に振り飛車陣を押しつぶしていこうという考え方。上図以下、駒組みを進めるために△74歩、▲67金、73銀には65歩が急所。
2019-12-11g.png
これで後手が悪いわけではないが6筋の位を張れば居飛車が勝ちやすい将棋だと思う。

再掲下図。
2019-12-11e.png
△64銀は時期尚早だったので△14歩と待つ。
2019-12-11h.png
以下▲46歩。
2019-12-11i.png
▲46歩を見て△64銀は呼吸。
2019-12-11j.png
しかしそれでも▲66歩。
2019-12-11k.png
なんつうか▲64銀に△66歩といかなるタイミングで突かれても振り飛車自信が無いですね。

形は違えど▲46銀に△64金と出た私の実戦もあるが、
2019-11-17f.png
そこで▲66歩でやはり自信が無い将棋だった。

再掲下図。
2019-12-11i.png
そもそも▲64銀と出ない方が良いんではないかというのは薄々感じていた。
以下、駒組みの進展性重視で△64歩。
2019-12-11l.png
以下、▲46銀の斜め棒銀は△43金で受かる。
2019-12-11m.png
△43金でなくても△51角でも受かる。

再掲下図。
2019-12-11l.png
以下、▲46歩、42飛。
2019-12-11n.png
以下、▲35歩、同歩、38飛は45歩で後手良し。
2019-12-11o.png
↑これは▲57歩+▲56銀型でも使えるカウンターなので覚えておいて損なし。

再掲下図。
2019-12-11n.png
以下、▲37桂と力をためる、次は何がなんでも仕掛ける姿勢。
2019-12-11p.png
後手の次の1手は難しいが△63金には▲24歩、同歩、▲45歩。
2019-12-11q.png
以下△74歩は▲44歩、同銀、45歩。
2019-12-11r.png
これは対エルモ急戦の最も有名かつ典型的なハマり形で後手敗勢。振り飛車はやってはいけない変化だろう(『疾風』220P参照)。仮にちょっと形は違うが△73桂が入っていたとしても後手は良くならない→エルモ+65歩早仕掛けvs四間飛車37桂型高美濃【地下トンネルが深すぎる】

再掲下図。
2019-12-11q.png
上図以下△同歩はあるが33角成、同桂、66角、46歩、33角成、47歩成という斬り合いで振り飛車まずい。
2019-12-11s.png
以下▲42馬、57と、43馬、58と、同飛の局面は・・・。
2019-12-11t.png
居飛車良し。後手の持ち駒では先手陣の攻略はきつい。それどころか▲95歩からの端攻めが厳しい。

再掲下図。
2019-12-11p.png
ここで△62銀が最有力か?
2019-12-11u.png
△52金型を残しておけば横からの攻めへの耐久力がある。
△62銀の狙いは、仮に▲15歩なら△63銀でダイヤモンド美濃完成を目論んでいます。
2019-12-11v.png
この形に組めれば振り飛車互角以上、理由は後述します。

再掲下図。
2019-12-11u.png
ダイヤモンド許すまじとさっきと同じように以下▲24歩、同歩、45歩、同歩、33角成、同桂、66角、46歩、33角成、47歩成の変化はやはり怖い。

2019-12-11b_201912111943019f3.png
以下、▲42馬、57とに、64馬が好手。
2019-12-11c_20191211194302caf.png
以下、△58と、同飛の局面は▲74桂王手を受ける必要があるので後手自信無し。この変化さえクリアできれば△53銀型も有望なんだけどな~。スーパーコンピューターでゴリゴリに調べてみたい局面ではありますね。

ちなみにダイヤモンド美濃が完成していれば…
2019-12-11x.png
▲64馬がないので後手やれると思う。

さてさて、ダイヤモンドを巡る攻防は△43銀型にも波及します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2、△43銀型

基本図から△54歩ではなく△43銀と上がった局面。
2019-12-11c.png
持久戦には△64歩→△54銀→△63銀のルートでダイヤモンド美濃を作りにいくという発想です。

上図以下、▲16歩は妥当なところ。
2019-12-11d_2019121119430417a.png
以下、△12香なのか△14歩なのか順に検討。

◎△12香の変化
2019-12-11e_20191211194305fe8.png
以下、▲46歩は好機。
2019-12-11a_201912112343538cb.png
以下このタイミングで△54銀が筋のようだが…。
2019-12-11a_20191211235039fa8.png
以下▲66銀、64歩(ダイヤモンド美濃を目指す)、55銀!で振り飛車困る。
2019-12-11f_20191211234144144.png
ダイヤモンドを目指す構想が破綻します。
上図、これが四間+玉頭銀なら△63銀と引けるのだがあいにく三間なので4筋が薄い。したがって再掲下図では…
2019-12-11a_201912112343538cb.png
先に△42飛と4筋を強化。次に△54銀と出る。
2019-12-11b_201912112343542a3.png
しかし今度は▲45歩の仕掛けが生じている。
2019-12-11a_20191211233949535.png
以下、△54歩は最悪のハマり変化なので上図以下、△同歩!33角成、同桂、24歩、同歩、同飛、46歩と進めてみる。
2019-12-11b_20191211233951696.png
以下、▲同銀。
2019-12-11c_20191211233952ff1.png
ここで△14歩が突いてあれば△13角で決まるのだが突いていないものはしょうがない。以下、△47角と打つ。
2019-12-11d_20191211233946ea1.png
以下、▲48金、36角成、47歩、14馬、21飛成。
2019-12-11e_2019121123394820e.png
この局面をどう見るか。△14馬が好位置だがそれを活かして何か手を作れればよいのだが形勢不明、あとはソフトにおまかせって感じです。

◎△14歩の変化
再掲下図以下、
2019-12-11d_2019121119430417a.png
△14歩は意味ある手待ち。
2019-12-11l_20191211194258aa3.png
上図、居飛車は右金を動かすか▲46歩を突くくらいだろう。
以下、▲58金は普通に見えて危険。
2019-12-11m_2019121119432856d.png
以下、△35歩、同歩、45歩で強引に捌く。
2019-12-11n_20191211194330181.png
以下、一例ではあるが▲55歩、44角、24歩、35飛、23歩成、27歩が激痛。
2019-12-11o_20191211194331d87.png
▲同飛は△38飛成で両取りになるのが▲58金型の弱点。

再掲下図。
2019-12-11l_20191211194258aa3.png
▲46歩はある、1筋の交換を入れたので▲37桂を跳ねやすくなったと。
2019-12-11p_20191211194333beb.png
以下、△54銀は前述したように、
2019-12-11q_20191211194334cf5.png
▲66銀、64歩、55銀がある。
2019-12-11r_201912111943360f5.png
好んで振り飛車が指す変化では無い。

したがって再掲下図では、
2019-12-11p_20191211194333beb.png
△42飛と4筋を強化する。
2019-12-11s_20191211194337150.png
以下、▲45歩、同歩、33角成、同桂、24歩、同歩、同飛には46歩が筋。
2019-12-11u_201912111943405f7.png
以下、▲同銀には△14歩型を活かして13角がぴったり。
2019-12-11v_20191211194325017.png
これは後手良し。
再掲下図。
2019-12-11u_201912111943405f7.png
以下、▲48歩には54銀、58金、47角が豪打。
2019-12-11w_20191211194327a1d.png
▲同歩は同歩成で手が続くので後手良し。以下▲59金には36角成くらいで後手優勢だろう。

再掲下図。
2019-12-11s_20191211194337150.png
ここで▲45歩と仕掛けずに37桂には54銀と出る将棋になるがそれについては後述の変化と合流するので省略。
2019-12-11t_20191211194339b8c.png

再掲下図、上部に厚く▲58金がダメとなると
2019-12-11l_20191211194258aa3.png
中間の▲48金はありえる手。
2019-12-11a_20191211201325278.png
一番わかりやすい意味としては4筋が厚くなったと。
例えば上図以下、さらに△12香と待てば、46歩、42飛、45歩、同歩、33角成、同桂、24歩、同歩、同飛、46歩となりこの局面は…
2019-12-11b_20191211201327b98.png
▲48金が△47歩成を防いでいるので▲31角と手番を活かして攻める。
2019-12-11c_201912112013285f6.png
これは金銀四枚のエルモ囲いで攻めまくる展開になるので後手つらそう。

再掲下図。
2019-12-11a_20191211201325278.png
▲48金には△64歩が良い。これは▲48金を見て△64歩を突いたともいえる。
2019-12-11d_20191211201330375.png
以下・▲46銀
  ・▲46歩
 がありそう。

◎▲46銀の変化
2019-12-11e_20191211201331bf6.png
△64歩型をおかしいと見て仕掛けに行くが▲48金型にも相当違和感を感じる。以下、△12香
2019-12-12a.png
ここから▲35歩とすぐ仕掛ける人と▲38飛と回る人がいる。

まず▲35歩の変化から。
2019-12-11f_2019121120133381f.png
ここでは後手の対応も広い。▲48金めがけて△51角→△74歩→84角(金あたり)の筋もある(『黄色いエルモ本』184P参照)

上図以下、ここでは普通に△54歩を検討する。
2019-12-12b.png
以下▲34歩、同銀、38飛、45歩、33角成、同飛、57銀、43銀の一直線変化は互角。
2019-12-12c.png
『黄色いエルモ本』P35では「互角だが居飛車が好んで誘導する変化では無い」と書いてある。

再掲下図。
2019-12-12b.png
▲55歩と絡める筋は居飛車有望と『黄色いエルモ本』37Pに書いてあるが、
2019-12-11m_2019121120134395f.png
以下素直に△同歩でどうでしょうか?
2019-12-11n_20191211201345d59.png
以下、▲34歩、51角、35銀、63金。
2019-12-11o_20191211201346910.png
以下、▲55角には△74歩に期待。
2019-12-11p_20191211201348047.png
先手の駒は前のめっており攻めになっていない。一方後手は好形に組み替え△84角や△52飛などカウンター要素満載。後手をもってみたい。

再掲下図。
2019-12-11n_20191211201345d59.png
素直に▲同銀には△54歩と謝ってどうか。
2019-12-11q_2019121120135029e.png
以下、筋は▲34歩だが、51角、44銀、同銀、同角、34飛で振り飛車捌け形。
2019-12-11r_201912112013510ff.png

再掲下図。
2019-12-11q_2019121120135029e.png
以下、▲64銀と「1歩を取って先手調子の良い攻め」というのが『黄色いエルモ本』の結論だが普通に△35歩とその1歩を取り返した下図はどうか。
2019-12-11s_20191211201352d4b.png
後手そんなに悪いように見えないけどな~。


再掲下図。
▲38飛はある。
2019-12-11g_20191211201334188.png
上図以下△54歩なら▲35歩が狙いで、▲48金+▲38飛の形は将来の△45ポンからの△27角の筋を克服している(▲49金+▲38飛型には効果的な角打ち)。上図、▲38飛と1枚攻めに加えてくるのであれば△51角と後手も1手早く逃げておくのが筋だがここでは1筋の交換を活かして△15歩という積極策を紹介する。
2019-12-11h_201912112013365a7.png
以下、▲35歩なら16歩、34歩、15角がぴったり。
2019-12-11i_20191211201337896.png
後手の5筋不突き美濃は堅いので攻めに専念できる、上図は後手有望。

再掲下図。
2019-12-11h_201912112013365a7.png
以下、▲同歩、同香、24歩、同角。
2019-12-11j_20191211201339796.png
以下、▲17歩なら12飛で難しいながらも後手が攻めているので満足。
2019-12-12d.png
再掲下図。
2019-12-11j_20191211201339796.png
▲同香、同角は次に△48角切り→12飛の強襲を狙っているので49金と引いておく。
2019-12-11k_20191211201340f90.png
以下、△51角、18飛、15歩、28飛には24歩。
2019-12-11l_20191211201342aed.png
次に△16歩と伸ばしていく手が楽しみ。こういう将棋になればエルモでもなんでもないので後手成功と言っていいだろう。

再掲下図。
2019-12-11j_20191211201339796.png
以下、▲16歩、同香、同香、15歩、27香には…
2019-12-12e.png
強く△16歩、24香、同歩でどうだろうか。
2019-12-12f.png
後手駒損ではあるが王様は鉄壁。▲28飛には歩切れを突いて△25香!何もしなければ△17歩成から端を突破して桂馬を手に入れておけば後手の持ち駒は香香桂。まずまずだと思う。

再掲下図。
2019-12-11d_20191211201330375.png
以下▲46歩には△54銀と出る。
2019-12-12g.png
もしここで▲37桂なら△65銀の玉頭銀が狙い筋。
2019-12-11v_20191211201418735.png
私は上図を難しいながらも振り飛車に勢いがあるので実戦的に勝ちやすいと評価しています。玉頭銀については『疾風』226Pを参照。
2019-12-12g.png
再掲下図、△54銀の局面は居飛車にとって岐路。
△65銀がうるさいとなれば▲66銀か▲66歩でそれを防いでくるだろう。
まずは▲66銀の変化から。
2019-12-11a_20191211203316593.png
これには△42飛と回る。
2019-12-12i.png
以下、▲55銀は△63銀引のダイヤモンド美濃が間に合ってぴったり
前述した振り飛車ダメの変化は▲66銀の瞬間に△64歩と△42飛のどちらも入っていないので振り飛車がダメだった。しかし上図は、△64歩が入っているので▲66銀に△42飛で受かるというわけだ。
上図以下、▲55歩、△63銀引、37桂はある。
2019-12-11b_20191211203317cd2.png
先手愚形に見えるが四間飛車のエッセンスを知らないとすぐに後手は作戦負けになる。以下、▲47金、△41飛(角の引き場所を確保)、57銀引。
2019-12-11c_20191211203319cc8.png
先手は結局何を狙っているかと言うと上図以下、仮に△12香なら…
2019-12-11h_20191211203326f3b.png
以下、▲56銀の安定形を作ろうという意味です。

そこで△51角と▲45歩の仕掛けを警戒して引くくらいだが…
2019-12-11i_20191211203328792.png
△84角を消しつつ▲66角でどうなのか。
2019-12-11j_20191211203329703.png
もしかしたら駒が引きすぎて後手やや作戦負けの可能性もあるので注意。


再掲下図。
2019-12-11c_20191211203319cc8.png
▲57銀引の瞬間に△54歩、同歩、同銀とポイントを稼ぎにいくのがあべしん好み。
2019-12-11e_20191211203322fd0.png
以下、▲56銀、△63金、55歩、43銀。
2019-12-11f_20191211203323c5c.png
以下、▲45歩、同歩、同桂、51角。
2019-12-11g_201912112033251b5.png
昔の5筋位取りvs四間飛車の定跡だと△12香が入っていないといけないのだが居飛車も▲47金型(後手の飛車が貫通)なので乱暴はしづらいところ。機をみて△84角の楽しみもあるのでまずまずでしょう。

※暇な人は藤井猛著『四間飛車の急所1巻』128pと見比べてみよう。
fc2blog_2019121220254851e.jpg
5筋位取りの定跡は面白いですよ。

再掲下図。
2019-12-12g.png
△54銀に▲66歩は強い人が指してくる傾向にある。
2019-12-11k_20191211203331ffe.png
急戦にこだわらず陣形を膨らませて作戦勝ちを狙っている。
以下、△45歩は、同歩、同銀、46歩、54銀、47金であまり効果が無い。
2019-12-11l_20191211203332dd5.png
以下、△42飛、37桂。
2019-12-11m_201912112033348d4.png
結局、▲46歩を土台に▲45桂を狙われるのであひゃ。

再掲下図。
2019-12-11k_20191211203331ffe.png
以下、△42飛、37桂までは進みそう。
2019-12-11n_2019121120333502b.png
▲48金型が3・4筋に効いていて自然、お互い手順を尽くすとこうなる気がする。さすがに後手はこれ以上攻める事が出来ないが△63銀引で自然とダイヤモンド美濃に組むできます!
2019-12-11o_2019121120333794c.png
手順さえ踏めば誰でもダイヤモンドを掴み取れる時代だよ。

△54歩+△53銀型からダイヤモンド構想は△62銀の瞬間が怖い。
2019-12-11u.png
以下、▲24歩、同歩、▲45歩の変化がな~(以下は前述した通りです)

再掲下図。
2019-12-11o_2019121120333794c.png
▲66歩と突いてしまうと先手は威力のある仕掛けをするのが難しい。
     ⇓
つまり、後手にとって▲66歩さえ突かせてしまえばあとは駒組み勝ちを目指せば良いというシンプルな話になる。
     ⇓
そしてダイヤモンド美濃は駒組み勝ちをするのに適した陣形だと思っているよ~というのが今のところの結論。

上図以下、固めるなら▲58金か。
2019-12-11p_201912112033385fb.png
エルモ急戦は金を動くことによって後手にマイナスの手を指させて仕掛けの隙を作るという意味合いもあったが、上図に関しては後手は△54歩→△74歩→△73桂の順に指したい手があってマイナスの手は存在しないと思う。

ここからは私の実戦経験も極端に少ないので想像で補っていく

◎上図以下、仮に先手は居飛車穴熊を目指したらどうか?
2019-12-11q_20191211203340c99.png
色々と対策はあるれけども単純に△32飛から3筋を狙っても作戦勝ちしてそう。
▲67金型がこの展開ではいまいちですね。

◎▲78王型で待機してきたら。
2019-12-11r_201912112033414e9.png
上図はエルモから▲78王型ビッグ4に組み替えた局面。後手はこのあと銀冠をみせつつ待っていれば▲48飛から▲45歩の打開をしてきそうなのでそこを迎え撃つという感じですね。正直、恐れることは無いッス。

◎千日手狙いには?
この棋譜はダイヤモンド美濃の新たな可能性を提示した。
序盤・中盤については難しくて分からないけども~
キャプチャdfgtr
とりあえずダイヤモンド美濃です↑

そこから後手が延々と手待ちをしたら~~
20191212152348280_20191212175708f3e.png
上図、ダイヤモンド美濃からミレ熊(ミレニアム穴熊)に進化しました\(^o^)/
鬼のように堅いです、こうなれば多少の無理攻めでも通りそう。

◎エルモから右玉に居飛車が変化する構想もあります。
今年の順位戦でそんな棋譜があった気がしたが誰のかは忘れた。
2019-12-11t_20191211203314714.png
上図は雑すぎる局面図だが△15歩から手は作れそう。


□研究で大事な事

再掲下図。
2019-12-11d_20191211201330375.png
以下、▲49金とさらに手待ちをした場合はどうするか?
2019-12-12h.png
後手は何を指すべきか?

1、その手に対して、▲46銀ナナメ棒銀や△46歩は大丈夫?

2、仮に大丈夫だとしてさらに▲48金と手待ちしたとしよう。

3、後手何か指すよね?

4、1に戻る。

こんな感じで手待ちラッシュされた時に振り飛車はどの手順でどの陣形を目指すか、いきつく先はどこなのか研究段階でストーリー(構想)を考えておこう。

エルモは、端歩と金の動きでいくらでも振り飛車の研究を外してくることが出来るのでね。

上記の考え方で将棋の研究を続ければ手の意味も分かってくると思うので序盤の力はつくと思います。

ストーリー(構想)を作る力はソフト頼みだとつかない、自分の頭で考えてみよう。そうしないと意味不明の変化を熱心にソフトで研究してドヤァという人になっちゃいますよ。

というわけでこの記事の続きはあなたが書きあげてくださいね^^

  


関連記事

コメント

非公開コメント

abcn

・支部対抗東日本優勝四段→県竜王戦優勝五段
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

全記事表示リンク