『将棋王』の感想・・・。

作品名:『将棋王』全1巻
ジャンル:ギャグ漫画
著者  W氏漫太郎
出版社:セルフ
発行日:2019年10月1日
販売価格:電子書籍:99円

目次:全 16ページ
主人公:将棋王 龍
LINEスタンプの制作者みたいです。

感想
いきなりですが・・・

4ページ目。

「将棋の極意とはこれすなわち、どれだけ大胆な一手を打てるかなり」

将棋は「打つ」じゃなくて「指す」なんだよなぁ・・・。

漫画に関しては、

1コマ1コマががLINEスタンプのようなインパクト、作者のファンは感涙だと思う。

そんで内容としては…

将棋を知らない人でも分かりそうな下ネタを、

「駒」を使い、知恵を絞って披露しようというものである。

たとえば 金→玉 とかね(爆)。

基本的にくだらないのですが・・・

この漫画のスタンプが発売されたら買う人は一定数いると思う。

将棋関係者はそういう人が多いのでね~~。

総括すると謎の作品でした。
関連記事

コメント

非公開コメント

abcn

・支部対抗東日本優勝四段→県竜王戦優勝五段
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

全記事表示リンク