【1969年】最初の将棋漫画『あばれ王将』の感想

作品名:『あばれ王将』全2巻
ジャンル:人情もの。
著者 : 貝塚ひろし
出版社:小学館
発行日昭和44年1月30日
販売価格:電子書籍:324円
主人公嵐大吾(あらしだいご)


感想ネタバレ注意!

戦後の昭和ってさ、

「つらくても耐えなさい、強く生きなさい」という少年の姿が共感を呼ぶ風潮がありますよね。


この漫画もそうです。

大吾は火事の中で生まれ母を失った。←つらい

ある日、父がアル中の鬼頭八段から瓶で後頭部を殴られる\(^o^)/

色々あって大吾は鬼頭から将棋を教わるが、亡き母の弟である荒巻八段から大吾を養子に取りたいという話が出る。

鬼頭はショックで海への入水自殺未遂を起こす(^-^;

荒巻八段宅では荒巻の妻と内弟子達から遺産目当てで来ただろ!と壮絶ないじめに遭う。←つらい

大吾は柔道を習い、内弟子達をボコボコにする。←強く生きる

一方、鬼頭は将棋連盟へ絶縁状を叩きつけた過去があるが「連盟に復帰したい」と言いだしていた。

その願い、叶ってしまい必殺ヒネリ飛車で「名将位」トーナメントの決勝戦まで進む。

鬼頭はオフレコで決勝の相手となる荒巻八段宅を訪れる。

棋界と絶縁していた自分が勝ったらプロの名誉に傷がつく…!

だから決定戦は…




fc2blog_2020010919401690c.jpg
大吾と戦ってやってくれ!



なぜにぃぃぃぃ( ゚Д゚)

というものすごいオチでした、そうか…これが通っちゃうのかと色々と考えさせられました。大吾の棋力は作中では一度も描かれていないがせいぜいアマ初段、良くて三段程度だと思うがそれをいきなりプロのタイトル戦の決勝戦はヤバい。しかしこれが沢山のつらさに耐え抜いた少年へのご褒美→昭和流のシンデレラストーリーなのかもしれない、と勝手に解釈しました。いちお『あばれ王将』は初の将棋漫画と言われていますが最初にしていつか誰かやりそうなネタを牽制球として放っていることに作品の意義を感じます…。

『父ちゃんの王将』は小学生が特例でタイトルホルダーと戦い勝ったらやっとプロ四段認定です。

ちなみにこの漫画を現代風にリメイクするのならば少年じゃなくて鬼頭八段にスポットを当てると輝くかもしれません。
 
将棋連盟を退会した棋士が、数十年後に特例で復帰して勝ちまくる。いま流行の元奨励会三段の四段挑戦ストーリーもありですが引退棋士とか退会棋士が再びやる気出すっていうのも重みや深みがあるので見てみたいなと思いました。


関連記事

コメント

非公開コメント

abcn

・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

プロフィール

abcn

Author:abcn
・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

全記事表示リンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カウンター

スポンサーリンク

検索フォーム

リンク先

・将棋アンテナ棒銀くん http://shogis.com/r3.php