幻の空中ブランコ

昨日11月6日の山形県朝日アマ名人戦、本戦1回戦の吉田ジャニーズ君との将棋を再び振り返る。

下図は、25銀打と後手の私が詰ましにいった局面。
2016-11-07a.png
以下、17王、16銀、26王、25銀引左、17王、16銀、26王、25銀引左、17王、16銀、26王、25銀引左と、吉田王が2枚の銀に挟まれながら空中ブランコで浮遊するような芸を披露したが、17王の瞬間に16歩で簡単に詰む事が分かって吉田玉は空中から真っ逆さまに墜落した。

そして本日11月7日、空中ブランコから墜落した王様の現場検証をしていた吉田ジャニーズ君本人から連絡が来た。

「図で35王なら詰まなくないですか?」

2016-11-07b.png

あっ・・・・なんと・・・

ここで34歩は99角で王様が素抜かれてしまう。

従って、34銀なのだが、、、
2016-11-07c.png
36王と囮の銀を取ると38飛成で簡単に詰む。

しかしもう一度、26王と戻る手があるではないか。
2016-11-07d.png
25銀行には35王でこれは本当に王手千日手で後手負け。

うおおおおおおお、なんてこった空中ブランコは2つあったのだ。

1つ目は本譜の、26王⇔17王 の弧を描く空中ブランコ。

2つ目は、26王⇔35王 の弧を描く空中ブランコ。

前者は真っ逆さまに落ちる運命にある空中ブランコだけど後者はギリギリ逃れている。

いや、天国と地獄ですわ。

将棋はやはり最後に間違った方が負けるゲームですね。


関連記事

コメント

非公開コメント

abcn

・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

プロフィール

abcn

Author:abcn
・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

全記事表示リンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カウンター

スポンサーリンク

検索フォーム

リンク先

・将棋アンテナ棒銀くん http://shogis.com/r3.php