支部ニュース76号の感想【シニア名人戦の序盤が面白い】

fc2blog_201907060718312a0.jpg
先日届いたこの封筒に・・・
・メンバーズカード
・会報が入っていました。

今回もバーッと写真だけ見ていたら んん?とレーダーが反応した。





◎P3写真左上 支部対抗西地区決勝先鋒戦は女性同士!すげえ~~な。名前見た事があるので
おそらく有名な選手だと思う。

◎P3写真右下 支部対抗地区ベスト4入賞チームにも女性が!
いやあ、そんな時代になったか。そのうちガールズチームが上に来るかもしれないね。

◎P5~7 渡部記者の支部名人戦東西決戦の記事が面白い。
両対局者とも元奨励会三段、奨励会時代の対戦成績や現在の活動と展望など情報が濃密。全国支部名人になるとアマ王将アマ名人の2つの招待枠を獲得出来るんですね!さらにプロの竜王戦に出場できる可能性があるようです。さすが将棋連盟直轄の大会だ。プロ編入試験を考えている人にとってはこれほど重要な大会も無いのではというレベルですね。

◎P6人気将棋系Youtuberアゲアゲさんの写真の重厚感がすごい。

◎P7左下 東地区シニア名人戦決勝の棋譜を並べた。
先手が浜松支部のSさん、後手が水戸支部のMさん。
2019-07-06h.png
△22角型の三間穴熊に金無双でどう手を作るのかという将棋。
上図以下、普通に進めれば下図のようになる。
2019-07-06i.png
ここからどうやって先手は手を作るのか。
例えば、▲84歩、同歩、同角で歩を切りいくのは危険。
2019-07-06j.png
△22角型を活かして△45桂がある。
2019-07-06k.png
以下、▲67金は84飛、同飛、78角で先手難局。
2019-07-06l.png
以下、▲58金なら67角成、同金、77角成、同金、57桂成が穴熊流。
2019-07-06m.png
金無双の薄さが祟る将棋で先手勝ちにくい。

先手どうするのかなと思ったら先に▲67金と上がるんですね。
2019-07-06n.png
そんでさっきと同じように進めれば▲67金の先受けが効いて△45桂が無い。
2019-07-06p.png
以下、好機の端攻めで先手のSさん勝ち。
ベテランらしい力強い駒運びが勉強になりました。

◎P8 西地区シニア名人戦決勝の棋譜も並べた。
先手が白鳳支部Hさん、後手が晩成熟支部の英春さん。
後手はさすがに独特の形、先手は現代流ですね~。
2019-07-06q.png
この▲85歩をどう受けるのか。
しっかり▲77銀でした。
2019-07-06r.png
この後先手はどういう構想で戦うのだろうかと思ったら▲56銀と腰掛け銀に据える。
2019-07-06s.png
以下、△42銀上、66歩、55歩。
2019-07-06t.png
銀を引くしかないが先手のその後のビジョンが見えない。
銀を▲67に引くのは形ですが具体的に攻め筋が無いように見えるんですが…。
2019-07-06u.png
しかしここからがなるほどでした。
まず銀矢倉に組んで後手の攻めをしっかり受け止める→その間に角を26まで持っていき攻め筋を作る
2019-07-06v.png
2筋の1歩が切れているので先手は攻め筋には困らない、だから金銀を全て囲いに投入しても良いという判断か~。
これは本当にすごい大局観だなと思いました。結果は先手のHさん勝ち。
しっかり受け止めて勝つ本筋の印象です。

◎P9 ここまできたらシニア名人戦東西決戦の棋譜も並べた。
先手が西のHさん、後手が東のSさん。
この将棋はやばい。
4手目にして何かが起きそうな気配。
2019-07-06a.png
以下、▲68銀、44角、46歩、22飛、45歩!
2019-07-06b.png
先手が猛烈に怒っています。
しかし下図まで進むと・・・
2019-07-06c.png
後手は角の動きで手損はしたものの形は乱れていない。
先手にとって神経を使う展開になった。
以下、▲47銀に△44歩はほえー。
2019-07-06d.png
お互い居玉で激烈な叩き合いに。
以下、▲36銀!、62王、25歩!!
2019-07-06e.png
すごすぎて、何度もなんかの間違いではないかと棋譜点検をしたがこれで合っているようだ。西地区決勝ではじっくり戦っていた先手Hさんもだいぶ好戦的だな~と。両ベテラン変幻自在です。

以下、△52金左。
2019-07-06f.png
ようやく振り飛車らしい戦いながら王様を囲う手が出た。
流れ的に▲24歩かなと思ったら、上図以下▲68王。
2019-07-06g.png
以下、もう一手△72王かなと思いきや△25歩と動いた手もすごい。
ド迫力の将棋で並べていて面白かった。
結果は、△東のSさん勝ち。
すさまじい将棋だった~~。

◎P10 チェスグランドマスター・ピーター氏の記事
職業はチェスのトーナメントプロのコーチで世界チャンピオンのコーチも務めている。仕事内容は、試合で想定される序盤を数か月に渡り5人のチームで準備すると、同時に選手と映画を観に入ったりカードゲームをしたりと友達の役目もあるとのこと。これ、「プロフェッショナル仕事の流儀」みたいな番組で取り上げてほしいな~。

◎P12 名著『初段になれるかな会議』の著者である高野プロの「指導の現場から」。

 
第1図を指した幼稚園児は筋良すぎる。
第2図は基本の受け。知っているか知っていないかだと思うが稀に教えてないのに地力で発見する人もいるんだよね。

◎P16 第75号の懸賞詰将棋
これ解ける人すごいねと思ったら当選者に山形の人の名前があった。

以上、見どころがありすぎました。






関連記事

コメント

非公開コメント

abcn

・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

プロフィール

abcn

Author:abcn
・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

全記事表示リンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カウンター

スポンサーリンク

検索フォーム

リンク先

・将棋アンテナ棒銀くん http://shogis.com/r3.php