2019.4.27県竜王戦内陸地区予選【パラレルワールドへのトリガー】

深夜0時半、救急車を呼んだ。

左下の腰の裏がかつてないくらい痛い。
ヘルニアの腰痛とはまた違うずっしりした痛みだった。

私は腎臓に石が溜まる体質である。
去年撮ったエコーにそれが沢山映っていたことを覚えていたが、半月くらい前に再びエコーを撮ってみると、

石がストーンと無くなっていた。

stōn とね。

それにしてもこの痛みは何だろうか、石でも無いなら何なんだ。

救急隊が来てから約1時間、病院から無慈悲な受け入れ拒否の嵐。
結局、専門外の先生がいるところへ運ばれた。
そこでも念のためエコー、石は無いとのこと。
原因不明。

なんやかんやしていたら痛みは消えたので深夜2時半、タクシーで帰宅。

翌日、専門医へ行ったらエコーの使い方が怪しいおじいちゃんが看護師さんに「これどうやって使うんだっけ?」「あ、データ全部消えちゃった!!」と言いながら私の診察をした。
大丈夫か、大丈夫なのかこの先生はと思ったが「石、あるよ」「だって、いっぱいここに映ってるじゃん」「ついでに言うとここにもあるよ」とビシビシ発見したのだった。

エコー検査は経験値大事なのかなと思った。


そんな病み上がり状態で朝から将棋大会の会場に向かう。

身体も気分も重い、またいつものメンバーと戦うのか・・・
正直勘弁してくれ~

俺だけどこかのパラレルワールドにある内陸地区予選に出たい!

神様!!

そこで私は気を失った。

キ~~ン、コ~ン、カ~ン、コ~ン。

【 第一話 転校生 】

「ちょっとあべしんくん、お金払ってからクジ引いて!!」

学級員のとっしーの一喝で目が覚めた。

はぁ、やっぱここはいつもの内陸予選だよな~。

クジを引いた。

あぁ!!これは~~~( ゚Д゚)!!!


1、Eくん 「はじめまして」
2、あべしん 
3、K谷くん 「はじめまして」
4、Aくん 「はじめまして」

なんと同ブロック内全員初手合い!!!

すげぇぇぇぇぇぇーー!!

これは、パラレルワールドへのトリガーをどこかで引いてしまったようだ。

気分新たにこの日は将棋を指せそうだ~。


◎予選1回戦vsE君(山大)
作戦の決め打ちに成功したので勝てました。

◎予選2回戦vsK谷くん(中3)
こっちの世界のK谷くんは〇王戦法してこなかった。

◎地獄のような2連勝同士の代表決定戦
あっちの世界の決定戦では2連勝同士でつちやんvsM子さんという地獄の様な当たりが実現。結果はM子さん勝ち。

もう一つの少年vs大人の決戦も地獄絵図だったなあ。
通常将棋大会は盤と駒台が用意されている、こんな感じで。
fc2blog_20190515024538117.jpg
ただ地区予選は駒台が無いので下図の点線のスペースに各々あたかも駒台があるかのようにして指している、暗黙の了解。
fc2blog_20190515024546e29.jpg
しかし!!大人が指しながらメモ帳に棋譜をとるタイプの人でこんなことになっていた。
fc2blog_201905150245548e0.jpg
駒がめっちゃオーバーラップしている!
しかも持ち駒も裏表方向もめちゃくちゃ、重なったりもしていた。
終盤になったら棋譜とる余裕も無くなるからどうなるんだろうと思ってしばらく私はどっかに行っていた。
そんで戻ってきたら最終盤、こんなことになっていた。
fc2blog_2019051502460132b.jpg
相変わらず駒ぐちゃぐちゃ~。
しかも最後、詰むかどうかギリギリだったのでこれはあひゃ。
結局、少年が負け。勿体ない、本当に勿体ない。
実力的にも心情的にも将棋道的にも120%少年を応援していただけに残念。しっかしひどい、令和を目前に「将棋は礼に始まり礼に終わらない」これこそパラレルワールドの出来事であってほしかった。

◎代表決定戦vsO君(高校生)
トーナメント再抽選しても初手合い!
ひえ~~。
将棋は相振りになったので一発を貰わないように注意しながら指しました。
下図は、先手が私。
2019-05-11a_20190511234708b9f.png 
以下、▲23飛成、77馬、21竜、99馬と進めるのも十分あった。
2019-05-11b_20190511121029df3.png 
以下は▲66角か▲66桂で先手良しだろう。

再掲下図。
2019-05-11a_20190511234708b9f.png 
私の趣味は▲66角。
2019-05-11c_20190511121031a49.png
▲77桂を取らせない方針で指す。本譜は以下△33飛だったので
2019-05-11e_20190511121016b25.png
▲56銀、54銀、▲84歩、同歩、85歩、同歩、同桂となり・・・
2019-05-12c.png 
桂馬が脱出成功したので次こそ▲33角成、同桂、23飛成が厳しい。
この将棋は勝ちました。

【感想戦】
しかし、▲66角を打った瞬間に嫌な筋が見えずっと心配していた。
2019-05-11c_20190511121031a49.png
堂々と△24歩と突かれたらどうするんだろうか。
2019-05-11g_20190511121019727.png
以下、▲11角成、33桂が手順の妙。
2019-05-11h_201905111210204b1.png
33桂とふたをすれば次の△77馬が受けづらい。
手順を間違うと一気におかしくなる。

ここで県ベテラン強豪 S木M明さん・T部井さん(代表)・M子さん(代表)が・・・
  感想戦に乱入!

個人的にこのイベントがパラレルワールドから現実世界に戻るためのトリガーだと思っている。笑

高校生のO君ビビったんじゃないだろうか。笑
以下、強豪の意図を理解して駒を動かさないといけないという試練を背負うことになる。笑
間違うと、違う!って言われるから大変ww

上図を再掲。
2019-05-11h_201905111210204b1.png
以下、▲76飛、△87馬、▲74歩。
2019-05-11i_201905111210221e7.png
△同歩なら同飛、同飛、同銀、73歩、83銀成!、同銀、33馬で・・・
2019-05-11j_20190511121023955.png
先手指せる。84の傷が後手は痛い。

再掲下図。
したがって▲74歩には・・・
2019-05-11i_201905111210221e7.png
△76馬、73歩成、同銀、76銀、79飛と進みそう。
2019-05-11k_20190511121025547.png
先手の▲76銀と▲77桂が不安定な形。
以下、形とばかりに▲66角は△25桂であひゃ。
2019-05-12d.png 
あべしん「角の利きがダブりすぎてつらいですね」
S木さん「仮に以下▲55馬なら?」
T部井さん「それは危険。△54銀、56馬、36歩、同歩、37歩、同桂、36飛が炸裂する。」
2019-05-12f.png 
T部井さん「これやま(y寺さん)に教えてもらった手筋」

どうでもいい豆知識キタ――(゚∀゚)――!!

あべしん「いや、まぁそうですね、ここまで来たらもう気持ち悪いですね」
M子さん「いや、気持ち悪いを通り越してまずいなこれは!」

ちなみに後手の駒を動かしているのは全部私の対局相手のO君、お疲れ様です…。

というわけで、再掲下図。
2019-05-11k_20190511121025547.png
M子県名人が良い手を発見しました。
以下、▲12角!!
2019-05-11l.png
なるほっどおおおおお見えにくい。
▲12角に代えて12馬だと飛車を逃げられた後の手が続かない。
でも▲12角なら飛車を逃げたら△33馬がある。
上図以下、△77飛成なら34角成、同銀、33馬でいっちょあがり。
2019-05-12g.png 
すごいしっくりきましたね。

他におのdくんと吉田Jr君も代表権を獲りいつもとまた違ったメンバーで県竜王戦に望むことになりそうです。

私はインフルエンザ再発しないかぎり会場には行く予定です(^J^)



関連記事

コメント

非公開コメント

abcn

・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

プロフィール

abcn

Author:abcn
・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

全記事表示リンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カウンター

スポンサーリンク

検索フォーム

リンク先

・将棋アンテナ棒銀くん http://shogis.com/r3.php