『ネイビーシールズオペレーションZ』の感想【ゾンビ映画】

B級映画の中でも私は特にゾンビ映画が好きですね。

理由は、頭使わなくても観れるからです!

どのゾンビ映画も大体ストーリーは同じなので安心感があります。

ジャパニーズホラーは精神的にきついので一切見ません、あれは怖すぎます。


さてさて、ゾンビ映画ファンに朗報。

配送料が無料になるAmazonプライムの会員になれば色んな映画が無料で観れます。将棋関係であれば『聖の青春』『3月のライオン』もすでにラインナップ入り。もちろんゾンビ映画も沢山見る事が出来るのでお勧めです。


今回のゾンビ映画紹介はこちら。


ネイビーシールズオペレーションZ】

 

2015年公開

www.youtube.com

 

【感想】

ネイビーシールズと言えばアメリカ最強の特殊部隊

精鋭中の精鋭がゾンビと対峙するという事でめっちゃ期待をしていました。 

 

が、見事に裏切られましたねぇ(;´∀`)

 

まず、シールズのキャスト5人なんですけどね、歩き方がドカドカドカおっさんくさいんよね。ゾンビのほうがスピード感あるっていう。

 

1人目に死ぬシールズ隊員トラピスさんなんて発砲許可出てるのに目の前から来るゾンビに噛まれて簡単に死ぬし「これマジでアメリカ特殊部隊シールズなん?」という感じでした。

 

あと、銃のリロードや手榴弾の投げ方も??でした。

 

謎のシーンもかなりあります。

 

・ゾンビが暴走した車に乗ってつっこんでくるシーンがあるのですが・・・。

 車に向かって銃を放つも当然効果なく最後は手榴弾を投げて車ごと吹っ飛ばすというね・・・。お前自身が避ければいいだけやろ~と普通に思いました。

 

・シールズ隊員が民間人から「圏外よ!」と言われながらスマホを借りるシーンですが普通に自宅に電話が繋がるというね。そんで婚約者に「愛してる」とか言い始めハァ?でした。なんなんこれー?

 

・10代女性ゾンビが近づいてきているのに主人公のシールズ隊員が「だめだ、撃てない!」と躊躇するのもよくわからん。一緒にいた民間人カメラマンから「じゃあ俺が殺る!」と言いシールズ隊員が「よせ!」とやっている間にゾンビに噛まれるというコント。判断力が欠如しているとしか思えないんですがこの隊員は…。

 

唯一の見せ場は、シールズ隊員カールの死。

他のシールズ隊員が屋上でヘリを待っている中、ゾンビに追われ屋内で窮地に追い込まれる。ギリギリ逃げ込んだ部屋の扉も限界間近。そこで「ろくでなしの俺らを受け入れてくれてありがとう」と謎のビデオレターを撮影した後に手榴弾で自爆。

ビデオレターも壊れたんじゃないかと思ったけどまぁまぁいいシーンでした。

 

【まとめ】

軍人がゾンビと戦うという人気の設定なのでそこそこは面白かったです。

現に2回観てしまいました。

よく、こんな映画2回も観たねと言われそうですが、この映画を見るコツをお話します。

 

特殊部隊シールズの事はとりあえず忘れましょう^^

 

「シールズ」と映画タイトルに入った事でハードルが高くなり過ぎた感があります。

 

これは…

「サバイバルゲームが好きなおっちゃん集団vsゾンビというノリで観ればそこそこ楽しめると思います^^


こちらも合わせてどうぞ→30デイズナイト・リグ~深海からの覚醒~・ディセントの感想【B級ホラー映画】

関連記事

コメント

非公開コメント

abcn

・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

プロフィール

abcn

Author:abcn
・山形県のアマチュア将棋ぷれ~や~!
・県優勝5回の五段です。
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

全記事表示リンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カウンター

スポンサーリンク

検索フォーム

リンク先

・将棋アンテナ棒銀くん http://shogis.com/r3.php