• 前回⇒【楔を活かす・魔の対角線に注意】級位者の四間飛車を棋譜添削~その2~引き続き、ウォーズ4級さんの棋譜添削中。 ◎価値ある駒と刺し違える下図は、本譜の展開で後手陣鉄壁。先手の持ち駒は「香」のみで戦力的にしんどいです。本譜は、依頼者さん▲98香打としましたが・・・これは相手の王様と反対のところを攻めているので効果薄し。これだったら持ち駒に「香」を残しておいた方がいいですね、現金はいつでも使... 続きを読む
  • 前回⇒【9筋挨拶問題・攻めを緩めるという事】級位者の四間飛車を棋譜添削~その1~引き続きウォーズ4級さんの棋譜を添削中。 ◎楔(クサビ)を活かす下図は、後手の金銀の圧力に先手が抑え込まれそうな局面です。本譜は▲88飛と8筋を受けましたがじわじわ悪くなってしまいました。さて、上図以下どうするか?数手前に敵陣に打ち込んだ▲63の楔(くさび)を利用する手があります。ズバリ▲53馬と切り込みます。以下、△同金に▲... 続きを読む
  • 今日もウォーズの棋譜添削やっていきます。依頼者の方、ウォーズ4級で先手です。 ◎相手から9筋を突かれたらどうするか。 振り飛車から先に9筋の歩は突かない方が良いというという事は下の記事で説明しました。⇒ウォーズ8級の四間飛車を添削してみた【王手は追う手など】しかし、居飛車から9筋の歩を突かれた場合はどうするべきか?厳密に言うと「状況による」なのですがそれだと答えになっていないのでこうしま... 続きを読む
  • 今日も棋譜添削やっていきます。依頼者さんが先手でウォーズ5級です。 ◎9筋はまだ突かない ここでの端歩はあまり効果が無いです。それについてはこちらの記事で理由を説明しているので割愛します。→ウォーズ8級の四間飛車を添削してみた【王手は追う手など】◎浮き駒に狙いをつける下図は後手が角の利きを活かして△55歩と攻めてきました。 この瞬間にチャンスがきています。振り飛車は相手の攻めを利用して... 続きを読む
  • ウォーズ8級の方の四間飛車を添削します。先手が依頼者さんです。 ◎左(9筋)の端歩はまだ突かなくて良い 序盤で何気なく突いたこの端歩ですがまだ突く必要は無かったと思います。この1筋の端歩は、現状「攻め」にも「守り」にも効いていないので簡単に言うと1手パスに近い手です。これが9筋の端歩を突くのであれば美濃囲いを組んだ時に王様の逃げ道を広げたという事で意味ある手なのですが。さて、ここで覚... 続きを読む
  • ウォーズ級位者同士の四間飛車を添削します。 ☆ポイント1「相手の作戦は?」まずは、知識の話。下図から相手の作戦と狙い筋は何でしょうか?△54銀とされた局面は、2つの可能性があります。1、右四間飛車(この後、飛車を△62に回って6筋から開戦してきます)  分かりやすく攻撃力のある作戦なのでアマチュアで大人気。しっかり勉強しておく必要がある作戦です。2、対振り飛車腰掛銀(こしかけぎん)... 続きを読む
  • ツイッターで大学生の方から棋譜添削の依頼があったのでやっていきます。棋力は24R1400点台(リアル道場では3段)でまだまだ伸びるところだと思います。 添削する棋譜は、将棋倶楽部24で相手の方も1400点台との事。後手が依頼者さんで△43銀型三間飛車です。 あらかじめ質問事項3点頂いていたのでそこから答えていきます。本局は上図以下、△63銀から雁木という現代流の駒組みになりました。対三間にトーチ... 続きを読む
  • しばらく、四間飛車初心者の方の棋譜を添削していきます。 ・将棋歴は半年。・ウォーズ4級、棋神使用ゼロ。本は一切読まない。対局後はぴよ将棋で検討しているが最近使えなくなって困っているとの事でした。☆棋譜は最後に掲載しています、柿木将棋でコピーして読んでいただければ分岐や他のコメントも読めます。☆別途、Youtube動画でも解説しています。テキストだと伝わらない事もあるので動画を取り入れました。... 続きを読む
  • 私のブログですが難しすぎませんか? (^<^) 3段くらいないと研究や大会レポを理解するのは厳しいのではないでしょうか。と、よく言われます(笑) いや~中級者向けの記事を書こうと思っていた時期があるのですが思った以上に時間がかかりました…。 何がって、丁寧な説明をするには局面図を今以上に多用しなくてはならず時間が足りなかったんですよね。 そこでこんなスタイルを思いつきました。 ーーーーーーーーー... 続きを読む
  • 【宣伝】10.26の山形新聞将棋欄からあべしんvsU野先生の自戦記が始まりました~。暇な人は見てね!!参考記事→29.6/4(日) 県最強戦その6ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー さて、久々に駒落ち記事を書こうと思ったら・・・ もしかして「激指13」や「ぴよ将棋」って上手の駒落ちの定跡がインプットされていない感じ?2枚落ちで教えてもらおうと思ったら居飛車穴熊されてあひゃ。... 続きを読む
  • 王1枚~8枚落ちくらいの初心者様と戦うと出現しやすい終盤の局面を2つ紹介させてください。 【その1】以下、1手で先手勝ちなのだがなかなか発見出来ない。例えば多いのは61飛成王手。     ↓ これは逃げられて大変。  問題図に戻ります。93飛成の王手はどうか?      ↓ これも王様を逃げられて失敗ダナ~。では正解は?    ↓ あえて王手をしない83飛成。これで後手は逃げる場所が無い。0... 続きを読む
  • ◎7/28 山大将棋部訪問 ぱるる奨励会員に呼び出しをくらったので山大将棋部に行ってきました~。その前に山大近くの22時半ラストオーダーの定食屋でもつ煮込み定食(ライスお替り1杯まで無料)730円。ちょっと高いと思う。 赤いのは七味で私が病的に振りかけました、辛いのが好きなんです。腹ごしらえ終えてコインパーキング!! ここの駐車場はほとんどボランティアの域だと思います。 18時~翌朝8時まで最大200円!... 続きを読む
  • ◎本題に入る前に最近ちょっとあひゃ~って事があったので書いておきます。   近頃はほんとに将棋ブームで非将棋関係者の私の知り合いもスマホに将棋アプリを入れて遊んでいます。ある時友人が「こいつに勝てる?」と言って私にスマホをよこしたので「あぁ、ボコボコにしてるよ」と言って対戦スタート!  正直、そのアプリですが全く聞いたことのない無料アプリなのでね、将棋以前の問題になるなこりゃって考え... 続きを読む
  • ◎8枚落ち。 う~~ん、どう後手玉を攻略しますか?いまいち、どこが急所なのかわかりづらい局面かと思います。しかしそういう時でも補助線を引けば答えが見えてきます。 あべしんEye!!👁 馬が82の金に、飛車が63の金に直撃しています。注目してほしいのは、後手の王様から出ている青の矢印。王様一本で2つの金を支えています。 人間でいえばこんな状態、めっちゃ不安定(笑)。 将棋は、大駒(飛・... 続きを読む
  • 今日も八枚落ちの実戦から。 桂馬の使い方で参考になる局面が現れたのでシェアしていきます。まずこの局面。後手の王の安全度はどれくらいなんでしょうか。あべしんEye! ↓ 青の53の地点に… 先手の角と桂馬が2つ、後手の王と金が2つ効いています。「勢力が同じなら先に突っ込んだ方が負け」というのは前回もやりました。前回→千と千尋のおとりの歩 では2vs2の状況を打破するにはどうするか?①3vs2にする... 続きを読む
  • 初心者向けの駒落ちシリーズ。前回→「合わせ歩」と「垂らしの歩」の8枚落ち実戦。今回もやっていきます。 はい、序盤の定跡手順とかはですね・・・正直意味ないですねw適当にやれでいいと思います。駒落ちって意味あるのかねという記事でも少し書いたんですがいちいち8枚落ちとか6枚落ちとかの手順を丸暗記してもらってもしょうがないです。もっと言うとその駒落ち定跡もなぜそう指すのかという事が理解出来る人... 続きを読む
  • 私の合駒判別法↑元ネタはこちら、真面目なやつです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーどうも、合駒カウンセラーあべしんです(^^)/テキストはこちら、人生の困難をどう乗り越えれるか教えてくれる道しるべ『凌ぎの手筋200』!!早速1問目から見ていきましょう~~(^^♪どん!!↓ はい、さっそくピンチですね。飛車からうおりゃあああと追いかけまわされてあわや「壁♡ド... 続きを読む
  • 最近、指した8枚落ちの将棋にガチコメントしていきます。 はい、早速ですが端を破られて成桂と馬を作られています(笑) ここから勝てない人が多いですね。 色々あるとこですが、馬を作ったので龍も作ってみたいですね。龍と馬は別格で強い駒ですので作ればそれだけ勝ちに近づきます。 はい、上図から歩の手筋を使えば簡単に飛車が成れます。ヒント「合わせ歩の手筋」 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓答えは・・・25歩と歩を合わせます... 続きを読む
  • 初心者が迷いがちな合駒の判別方法についてみていきます。テキストはこれ。 金子タカシ先生の『凌ぎの手筋』の1問目を見ていきましょう。うん、飛車の王手に対してどう防ぐかという問題です。持ち駒は、飛車、角、金、銀、桂馬、香車、歩と全種類7パターンあります。加えて、王様の逃げ場所も87と99と89の3パターン。合計10パターン!!を読まなくてはいけません。(実戦なら全ての駒が入り乱れるのでさらに複雑化します)い... 続きを読む

abcn

・アマ五段(県竜王戦優勝)
・中学、高校、大学、社会人で全国大会出場
・四間飛車歴およそ25年
・連絡先→kouteipengin6@gmail.com

全記事表示リンク